ふるさと青汁で得られる効果とは?

ふるさと青汁で得られる効果とは?

現代の日本人は食の欧米化、肉食化が進んでおり、野菜を食べることが少なくなり野菜不足に陥っています。厚生労働省が推奨する野菜の一日の摂取量は350グラムですが、一般的に実際には290グラムほどしか摂取できていません。野菜には豊富なビタミンやミネラルが含まれており、人間にとって野菜を食べることは大事な栄養素の摂取方法の一つです。

 

野菜を食べずにビタミンやミネラルが欠乏すると、免疫力が低下する怖れがあり、感染症などにかかるリスクが高まります。

 

自然

 

また、抗酸化作用が弱まってしまうので、体の老化が進んでしまいます。さらには、野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、食物繊維が不足すると腸の働きが悪くなります。

 

では、現代の日本人の野菜不足を補うにはどうしたらよいのでしょうか。

 

ふるさと青汁にはその栄養素を補う効果が期待できます。

 

栄養価の高いケール

 

青汁に含まれているもので代表的なものはケールです。ケールは非常に栄養価が高く、ビタミン、食物繊維、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、葉酸などが含まれており、それぞれの栄養素の含有量が多く、他の野菜より優れているといわれています。

 

ふるさと青汁に使用されている明日葉にはそのケールを凌駕する栄養成分が含まれているのです。

 

ケールの栄養素の効果

 

ケールに含まれているビタミンには様々なものがありますが、中でもビタミンAは粘膜を正常に維持する効果があるため、胃腸などの粘膜を正常にしてくれます。また、視力にも良いとされています。つぎに、ビタミンCが含まれています。ビタミンCには美白や美肌の効果があり、アンチエイジング効果があります。

 

また、ビタミンCは水溶性ですので、過剰摂取の心配もありません。さらに、ビタミンBには疲労を回復させたり、ホルモンバランスを整える効果があります。

 

ミネラルには体内での化学反応を助け、また、体の組織作りにも作用します。食物繊維も豊富に含まれていますので整腸作用があります。

 

ふるさと青汁に使用されている明日葉も同じような効果があります。

 

手軽に必要な栄養素をふるさと青汁で補う

 

以上のように、野菜が不足している日本人にとって、不足している栄養素を補うには青汁はとても適したものであると言えます。

 

日々の健やかなくらしのために、手軽にふるさと青汁を飲んで体をいたわってみてはいかがでしょうか。

 

もっと青汁について詳しく知りたい方は下のURLをクリック♪

 

ふるさと青汁