日常生活で不足しやすい栄養素がバランスよく含まれているバナナ

日常生活で不足しやすい栄養素がバランスよく含まれているバナナ

バナナはカロリーが高いと思われる人が多いかもしれませんが、実は1本で86カロリーで、ごはんやパンよりも低く、さらに日常生活で不足しやすい栄養素がバランスよく含まれているフルーツです。

 

 

病気のお見舞いなどではよくりんごとバナナなどが贈られるので、健康によいフルーツということで知られていますよね。ここでバナナに含まれている栄養素をご紹介しましょう。バナナにはタンパク質・カリウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸・食物繊維・ポリフェノール・トリプトファン(セロトニン)など実に多くの栄養素が豊富に含まれています。

 

 

バナナは、美容を心がける人・ダイエットをしている人・スポーツをする人・ストレスが多いと感じる人・お酒が好きな人などにおすすめです。それぞれの効果についてみてみましょう。バナナには、美容に効果があるビタミンB類がたくさん含まれていて、バナナを食べることで体内からきれいになることができます。ここでポイントなのが、食べずに捨ててしまうことが多いバナナのスジ部分に、あのポリフェノールが多く含まれているということです。

 

 

バナナはカリウムが含まれていて、これがむくみを解消したりお通じもよくするので、ダイエットをしている人にもおすすめとなります。また、バナナの栄養素はすばやくエネルギーとなり、その持続する時間も長くなるので、スポーツする人にもおすすめです。よくテニス選手が試合中にバナナを食べていますよね。

 

 

トリプトファンは体内でリラックス効果を高めるセロトニンというホルモンに変化するので、精神的に落ち着くことができます。さらに、バナナはお酒が好きな人にもおすすめとなります。バナナを食べることで、アルコールを分解できる「ナイアシン効果」というものがあるので、二日酔いの朝にバナナジュースなどを飲めば効果的となります。

 

 

フルーツというものはだいたい栄養素が豊富なので、日頃から食べたいところですが、皮を切らなければならないのがすこし面倒ですね。その点、バナナは皮をむいてすぐに食べられるので、忙しい朝にも最適なフルーツといえるでしょう。